牧羊会

2009年11月10日(火)

今日は月に一度の牧師会「牧羊会」の日でした。団体の先生方が集まり礼拝と報告、会議の時を持ちました。

礼拝では北村先生よりイザヤ書からお奨めをいただきました。聞く耳を持つことの大切さをあらためて教えられました。感謝します。

各部からの報告、法人化関係、臨時総会関係など。

昼に行く会の会議があり、午後は審議。

ガウブ先生からの本の紹介。

本の紹介は、ゲーリー・L・マッキントッシュ、『サイズ別に分析する教会成長の方策』。原題は”One Size Doesn’t Fit All”。教会をその規模によって三つに分類し、それぞれにおいて中心とすべき取り組み方が書かれているそうです。小さい順から、人間関係、プログラム、組織、とその中心とすべき取り組みからが変化するようです。高橋先生の甥の方が翻訳に参加しておられるとのことでした。

HI370001 HI370002

次にウイルソン先生からの失敗談。貴重なお話を伺いました。牧会の中で人をどう判断しどう導きどう仕えていくか、そして用いていくかは、大変難しいことです。そして本当に大切なことなのですね。

続いて厚生委員会から納骨堂について。いろいろと話し合い。

臨時総会について。来年の教師リトリートについて。来年の教師リトリートは、3月31日(水)から4月2日(金)の2泊3日の予定です。場所は三重県の関ロッジを考えていると言うことでした。ご苦労様です。今から楽しみです。

一日お疲れ様でした。次回の牧羊会は12月1日(火)となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください