めぐみのパンくず

目がありながら見えないのですか。耳がありながら聞こえないのですか。あなたがたは覚えていないのですか。”   マルコ8:18

◎イエスさまは二度、パンの奇跡を表わしなさいました。6章では「五つのパンと二匹の魚」で、8章では1~10「7つのパンと少しの魚で」、6章のパンの奇跡はユダヤ人を中心に、8章では異邦人(デカポリス地方には大勢の異邦人が)のために奇跡を表わされたことを見ます。イエスさまはすべての人々の命のパンなのです。

◎ダルマスク地方に来られた時、パリサイ人がやって来て天からのしるしを求めます。不信仰はしばしば見えるところのしるしを求めます。「ユダヤ人はしるしをこい」と使徒パウロは言いましたが、イエスさまは「絶対に与えられない」vs12と言われました。

◎そして弟子たちに、「パリサイ人、ヘロデのパン種に十分気をつけるように」と言われました。弟子たちはパン一つしかもっていなかったので、食料に心配でした。その時に言われたのです。

◎パリサイ人のパンだねとは偽善です。宗教家としての偽善ぶりをイエスさまはマタイの福音書6:1~8で糾弾し後には決して「まねるな」と命令なさいました。ヘロデのパンだねとはヘロデの饗宴に象徴されます。そこには、不品行、不敬虔(装う)、悪意(心が膨れるの意)があります。

◎イスラエルの民は過ぎ越しの祭りの間、種なしパンを食しました。信仰者の心はパリサイ人やヘロデのパン種でなく、いのちのパンであるイエスさまを食するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です