めぐみのパンくず

しかし、ヘロデはうわさを聞いて、「私が首をはねたあのヨハネが生き返ったのだ。」と言っていた。”       マルコ 6:16

◎ヨハネの殉教の記録です。イエスさまを人々はいろいろ噂していました。「エリャだ」「預言者の一人だ」また「バプテスマのヨハネ」の再来ゆえあのような力ある働きができるのだと。

◎首をはねたヘロデ王も「バプテスマのヨハネが生き返ったのだ」と言いました。事件は誕生日会の席で起こりました。ヘロデは腹違いの兄弟ヘロデ・ピリポの妻、ヘロデヤを自分の妻にしており良心の呵責がありつつヨハネの話は喜んで聞いていたのです。

◎舞台は変わり、祝宴の席で、ヘロデヤの娘の舞いに褒美を勧めたところ娘は「ヨハネの首」を所望します。優柔不断なヘロデは人々の顔を恐れて娘の願いに応えます。

◎恐ろしいのは護衛兵が、切り取られ盆にのせ持ってきたヨハネの首を母のヘロデヤに渡すのです。両目を覆いたくなるような光景です。

◎バプテスマのヨハネは労につながれた時、不安になりました。イエスさまのところに弟子を遣わし「来たるべき方はあなたでしょうか、それとも他の人を待つべきでしょうか」と尋ねさせます。

イエスさまはご自分の御業を語り(ルカ7:22,23)「誰でもわたしにつまずかない者は幸いです。」と答えられました。この後、ヨハネの心は預言者としてぐらつくことはなかったと思います。

◎ヘロデヤ、娘のサロメは何とおぞましい女性でしょう。人の心の恐ろしさを見せられる場面です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です