牧羊会

今日は朝9時30分から五個荘金堂町の本部にて牧羊会が行われました。

まず礼拝ではマーティン先生がエズラ記4章よりみことばのお奨めを下さいました。神さまの働きが前進するときにさまざまな反対が起こります。気持ちをそらせることによる反対、失望させることによる反対、偽りをいうことによる反対、と。このような反対の中で神殿建設は一時ストップするときになりました。そのような中でも現状に安逸をむさぼることなく神さまの働きに参加したいと決意を新たにするものでありたいと思いました。それと共にさまざまな反対を自らもしていないだろうかと心探られるときでもありました。神さまの働きを少なくともじゃますることのないようにと祈りを新たにしました。

その後、今期韓国から来日中のユ・ビョングク先生からチャレンジに満ちた発題をいただきました。韓国の歴史とその中で起こったリバイバル、そして宣教する教会を祝福して下さる神さまを証しして下さいました。今も生きて働いておられる主は私たちのすべての必要を満たすことが出来ます。経済に支配されるのではなく神さまに支配されるところが教会です。信じて前進したいと思います。感謝。

午後は各種の報告がありました。つづいて本の紹介があり、奥村先生が興味深い3冊の本を紹介下さいました。失敗談の予定の後山先生は夕刻に予定があり時間の関係で次回となりました。後山先生は先週も倒れられたとのこと。健康のために祈りましょう。

牧羊会の今後の発題について意見交換をしました。問題を抱えた来会者の牧会ケアについて。どのような対応が必要であるのか、あるいはふさわしいかを学びたいと思います。次回12月の牧羊会ではお二人の先生から事例報告をいただきます。2月の教師会では団体の将来像について学びの時を持ちたいと思います。一人の先生より発題をいただきます。

明日は宣教デーです。祈りつつ。

P1001091P1001092P1001093

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください